So-net無料ブログ作成

那覇発日航機、エンジントラブルで引き返す(読売新聞)

 26日午後6時半頃、那覇発伊丹行き日本航空(JAL)2088便(ボーイング777―300型機)が離陸直後、左側エンジンに異常が発生したため、那覇空港に引き返して緊急着陸した。

 乗客乗員332人にけがはなく、別の機体に乗り換えて約3時間20分遅れで関西空港に向かった。

 国土交通省那覇空港事務所によると、異常を感じた操縦士が左エンジンを停止させて管制官に緊急着陸を要請。管制官や地上の整備士は「(離陸後に)左エンジンから赤いものが出ているのが見えた」と話しているという。同社が原因を調べている。

賃金改善要求見送り、電機連合が春闘方針(読売新聞)
<陸山会土地購入>3容疑者拘置延長 共謀立証に詰めの捜査(毎日新聞)
横浜市瀬谷区の民家全焼2人遺体みつかる 母と娘か(産経新聞)
普天間移設、法的決着も=官房長官が可能性に言及(時事通信)
鳩山首相 施政方針演説 「いのち守る」の理念を強調(毎日新聞)

<火災>中学で授業中にボヤ 不審火か 愛知・尾張旭(毎日新聞)

 22日午前9時10分ごろ、愛知県尾張旭市渋川町3の市立西中学校(木村修校長、644人)で、校舎北館2階の廊下に置いてあった段ボールなどが燃えているのを男性教諭が見つけ119番した。消防隊が消火し、机やいす、天井の一部などを焼いて鎮火した。授業中だったが、生徒と教諭は校庭に避難し、けがはなかった。愛知県警守山署は不審火の疑いもあるとみて調べている。

 守山署によると、現場は廊下の端で、使っていない机やいす、ストーブなどを置くスペースだったという。

 3階で授業を受けていた3年の男子生徒は「2階から煙が上がってきた。煙が充満してとても臭かった」と話していた。【中村かさね】

【関連ニュース】
火災:住宅全焼 16歳、12歳の姉妹焼死 千葉・市原
火災:住宅全焼 72歳女性?死亡 愛知・豊田
火災:前橋で住宅全焼 59歳男性?死亡
火災:民家など全焼、2遺体を発見 鹿児島・枕崎
加湿器:中国製で発火や発煙事故 輸入元12万台リコール

「学校に爆弾」とメール送信容疑、中3男子逮捕(読売新聞)
<訃報>小林治雄さん84歳=毎日新聞に「ヒトクチ漫画」(毎日新聞)
「小沢先生へ 畳の部屋」=4億円返済、手帳に記載−元秘書、捜索で押収・東京地検(時事通信)
小沢氏、特捜部との“直接対決”終了 ホテルで記者会見へ(産経新聞)
千葉の光洋会が民再法の適用申請、双樹会に連鎖(医療介護CBニュース)

追いつめられた?小沢氏 定例会見での「高圧姿勢」転換(J-CASTニュース)

 「記者会見は好きではない」。そう公言して、記者会見で高圧的な姿勢を見せてきた民主党の小沢一郎幹事長の態度が一変した。これまでは不機嫌そうな表情を露骨に示し、記者をなじるような言い草が目立った。しかし検察の事情聴取を受けてから初めてとなった定例会見では、時折笑顔も見せながら、穏やかな語り口で質問に答えていた。

■これまでの定例会見とは明らかに雰囲気が違う

 小沢幹事長は東京地検特捜部の事情聴取を受けた2010年1月23日の夜に、東京都内のホテルで緊急会見を開いたが、幹事長としての定例会見は2週間ぶりだ。民主党本部の会見場には約100人の報道関係者が詰めかけ、約20分間の質疑応答を行った。

 当然のように質問は、資金管理団体「陸山会」の土地取引をめぐる問題に集中。「売買代金の支払い後に定期預金を担保に借り入れをしたとき、その使い道を秘書に聞かなかったのか」という質問に対しては、

  「具体的な方法については一切聞いていない。私自身としては、買うという方向性を決めて資金を提供したというところまでが自分の行動の範疇だった。具体的に事務をどう取り扱うか、相手方とどう交渉するかについては、(秘書を)信頼してまかせていた」

と土地取引の前後の不自然な資金の出し入れについては関与を否定した。そのほかにも陸山会関連の質問が出たが、事情聴取後の会見とほぼ同じ回答で、取り立てて目新しい材料はなかった。

 むしろ際立っていたのは、これまでの小沢幹事長の定例会見とは明らかに雰囲気が違っていたことだ。

■「『幹事長辞任しろ』という世論の動向気にしているのでは」

 前回の1月12日の定例会見も土地取引問題が焦点となったが、小沢幹事長は「関連したものはいっぺんに答える」と言って、まとめて8人から質問を受けたうえで、具体性に欠ける回答をした。なかには記者の質問内容にまったく答えていないものもあったので、強引に再質問する記者も出た。だが、小沢幹事長は、

  「ちゃんと指されてから言わなくちゃダメでしょう。ルールは守ってください」

と記者を非難して、回答を避けた。

 小沢幹事長が記者に強い態度で臨むのは、毎回といってもよかった。中国副主席と天皇陛下の「特例会見」が問題になった09年12月14日の会見では、記者に向かって、

  「君は日本国憲法を読んでいるかね? 天皇の行為はなんて書いてある?」

と逆質問。うまく答えられない記者をなじるかのような態度をとった。そのほかの会見でも、小沢幹事長は報道陣と友好的とはいいがたい雰囲気だったが、それが一種の「小沢らしさ」とも受け止められていた。

 ところが、事情聴取後の1月25日の定例会見ではうってかわって、物腰の柔らかい回答ぶり。前回のような「一括回答方式」を取らず、一つ一つの質問にていねいに答えていった。小沢氏の変化について、フリージャーナリストの田中龍作さんは

  「小沢氏の顔は色つやがなく、声にも張りがなかった。4時間に及んだ事情聴取の疲れもあるだろうが、だいぶ追い詰められているのかもしれない」

と推測する。同じく会見に出席した政治ジャーナリストの安積明子さんは

  「小沢さんは守りに入っているなと感じた。これまでは挑発的なことを言っていたが、今日は受け身で攻撃的な姿勢がなかった。おそらく『幹事長を辞任しろ』という世論の動向を気にしているのではないか」

と分析している。


■関連記事
熾烈なバトルを展開中 「ダンマリ」小沢VSマスコミ  : 2010/01/14
「宮内庁長官は憲法を理解していない」 小沢氏、「特例会見」問題で反論 : 2009/12/14
「マスコミは検察の犬」 自民・河野議員が「検察報道」批判 : 2010/01/22
小沢幹事長「2度目」の聴取 元特捜部長「ある可能性大」 : 2010/01/25
生活費目当て? 部下が勝手に残業しています : 2010/01/25

アパート全焼 男性遺体発見 東大阪(産経新聞)
「選択と集中」が奏功、通期予想2度目の上方修正―メデカジャパン(医療介護CBニュース)
政権に影響「全くない」=平野官房長官(時事通信)
<成人式>男2人を逮捕、式進行妨害の疑い 長崎・佐世保(毎日新聞)
ハイチ大地震 「72時間」経過後も奇跡の生還相次ぐ(産経新聞)

小沢氏 聴取23日に 「4時間程度」地検が伝達(毎日新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件で、東京地検特捜部による小沢氏への任意の事情聴取は23日に行われる見通しとなった。小沢氏側が同日を希望すると伝え、検察側は小沢氏側の都合を最優先するとの意向を示したとみられる。特捜部は「事情聴取には4時間程度必要」と小沢氏側に伝えた模様だ。

 また、特捜部は、小沢氏の妻への事情聴取も打診している。小沢氏側が、問題となっている土地購入の原資について「亡父の相続遺産を元に、その後積み立てるなどして小沢氏や妻名義で信託銀行に預けていたものを約10年前に引き出し自宅に保管していた」などと説明しているため、妻からの聴取も必要と判断したとみられる。これに対し小沢氏側は、小沢氏本人がまとめて説明する意向だという。

 事件では陸山会が04年10月に小沢氏の手持ち資金4億円で東京都世田谷区の土地(代金約3億5200万円)を購入しながら、同年の収支報告書に記載しなかったなどとして、当時の事務担当者で小沢氏の私設秘書だった同党衆院議員、石川知裕容疑者(36)ら3人が政治資金規正法違反(虚偽記載)容疑で逮捕されている。この前後に陸山会の複数の銀行口座で複雑な資金移動が行われ、中堅ゼネコン「水谷建設」元幹部らが、同時期に受注した胆沢(いさわ)ダム下請け工事の謝礼として石川議員に5000万円を渡したと供述している。

 特捜部は、小沢氏に虚偽記載についての認識のほか、4億円に水谷建設からの資金が含まれていた疑いもあるとみて説明を求めるとみられる。

 特捜部は5日に小沢氏に聴取を要請したが12日までに具体的な返答がなく、13日に関係先の家宅捜索に踏み切り、15〜16日に石川議員ら3人を逮捕した。小沢氏は16日の党大会で検察と全面的に対決する姿勢を示したが、その後、各種世論調査で内閣支持率が急落。18日には捜査に協力する意向を示していた。

【関連ニュース】
<写真で見る>小沢氏側近の石川議員逮捕 政界に激震
小沢幹事長:聴取応諾回答で、地検と日程調整へ
土地購入事件:小沢氏、今週末にも聴取 地検に応諾伝える
陸山会土地購入:引き出しは3億円 石川議員供述と差
陸山会土地購入:地検捜査巡りシンポ

首相「試練だ」 国会開会で危機感(産経新聞)
基地問題が争点…名護市長選告示(スポーツ報知)
<国会>衆院で各党が代表質問 野党が「政治とカネ」を追及(毎日新聞)
名護市長選、きょう告示(産経新聞)
駅員寝坊、シャッター開かず=客8人、始発に乗れず−JR西(時事通信)

ほかにも男2人が関与か=11年前の男性殺害−宮城県警(時事通信)

 仙台市の風俗店経営者=当時(30)=に対する強盗殺人などの罪で起訴された一部の被告が、11年前にも別の男性を殺害したとされる事件で、同事件への関与が浮上している3人のほかに、少なくとも男2人が殺害などにかかわっていた疑いがあることが19日、関係者の話で分かった。
 宮城県警暴力団対策課などは、事件の全容解明に向け、捜査を進めている。
 捜査関係者によると、同課などが立件を検討しているとされるのは、風俗店経営者の事件で逮捕、起訴された笹本智之(35)、菅田伸也(31)両被告ら3人。しかし、少なくとも別の男2人も11年前の事件に関係していた疑いがあるという。 

【関連ニュース】
【動画】ティファニー強盗、映像公開
郵便局長、強盗に切られ重傷=刃物男逃走
郵便局で500万奪われる=男が局員に刃物
11年前にも男性殺害か=経営者強殺事件の被告ら-3人再逮捕へ・宮城県警
元日通社員に有罪判決=2億円強奪、輸送車情報漏らす

小沢幹事長続投 「検察とどうぞ戦って」首相、一蓮托生(毎日新聞)
事件を勝手に「終局」…千葉家裁職員を戒告処分 (産経新聞)
「11年に組員殺害」 強殺で起訴の男再逮捕へ 宮城(産経新聞)
大規模災害に備えて連携 都営・東京地下鉄が合同訓練 牛込消防署で(産経新聞)
政治の閉塞 平成の龍馬はいないのか (産経新聞)

「反小沢」マグマ蓄積 世論調査に民主は動揺(産経新聞)

 第174通常国会が召集された18日。報道各社の世論調査は、民主党の小沢一郎幹事長の辞任を求める声が軒並み、7割を超えたことを報じ、党内に大きな動揺が広がった。

 「政治家は自分の立場を守ることを一切考えちゃいかん。みんなが国民の政治への信頼を取り戻すために命を捨てるんだ」「思ったことを言えないなんて。徳川時代だって言っていたはずだ。まして今は民主主義社会だ」

 民主党の渡部恒三元衆院副議長は、国会内で報道陣に何度も取り巻かれると、そのたびにこう強調した。

 「小沢支配」の党内で、渡部氏だけは小沢氏に苦言を呈してきたが「批判はおれだけでいい。若いみんなはしなくていい」とも周囲に語ってきた。だがこの日は本音を語るように中堅・若手を促した。さらに「重い立場の人が自分より国の政治が大事ですという大きな立場で決断することを望む」と事実上の辞任勧告にまで踏み込んだ。

 この発言を契機に、反小沢の動きが水面下で動き出す可能性が出てきた。

 党執行部も世論調査に動揺している。平田健二参院国対委員長は「報道で世論は大きく動く」とマスコミに八つ当たり気味。輿石東(こしいし・あずま)参院議員会長は党の会合で「(国会は)いろんな予想できないことが起こり得るかもしれない」と認めつつ団結を訴えるのが精いっぱいだった。

 民主党の当選2回の衆院議員13人は18日、急遽(きゅうきょ)、国会内で検察批判の会合を開いた。「石川知裕衆院議員の逮捕は不当だ」。世論の反発を押し返そうと懸命だった。

 世論の変化を感じ取る若手は多い。首都圏の若手議員は「街頭演説をしたが一昨日からガラっと変わった。『小沢辞めろ』とやじられた」。小沢氏に批判的な中堅は「有権者は鳩山と小沢以外の民主党議員は貧乏だって知っている。2人を追い出せばいい」とまで語った。マグマは蓄積されつつある。(榊原智)

石川議員逮捕 土地購入原資「小沢氏が相続の金」(毎日新聞)
沈黙の民主・代議士会「今は発言しにくい」(読売新聞)
<空海>唐から持参の文献「三教不齋論」写本を発見(毎日新聞)
現場に指紋…男を再逮捕 南青山の従業員殺害(産経新聞)
次期衆院選、「公約議論は尚早」=菅氏の消費税発言に−鳩山首相(時事通信)

不合格者に合格書類 首都大東京、謝罪も「不合格は変わらない」(産経新聞)

 首都大学東京(東京都八王子市)が昨年12月に実施した平成22年度の推薦入試で、不合格者に誤って合格通知の書類を郵送していたことが18日、分かった。

 同大学によると、昨年12月2日、都市教養学部の推薦入試の合格者番号が掲示され、職員がその番号を元に合格関係書類発送。ところが、職員が送付データを打ち込む際に住所と氏名と間違え、不合格となった男子受験生に書類を発送してしまたっという。

 書類が12月4日、受験生に届き自分の受験番号と違うことに気づき発覚した。大学側は受験生に事情を説明し謝罪した一方、「不合格は変わらない」としている。

【関連記事】
センター試験設問で「外国人参政権容認?」
センター試験 ミスの発端は信州大の試験監督者
追試対象は過去最多の961人 インフルは500人超
合格するぞ!必勝祈願スパート 東京・湯島天神
迫る受験、浪人生の悲哀…新型インフルワクチンは優先接種外

大阪・羽曳野の発砲事件の容疑者上着に4発装填の予備弾倉  (産経新聞)
<虚偽記載>「大久保秘書に報告」石川議員、認める供述(毎日新聞)
大わらじみこしが練り歩き=山形県高畠町〔地域〕(時事通信)
<屋久島元社長不明>栃木の古井戸に遺体 指紋で身元確認(毎日新聞)
<谷垣総裁>「物言えば唇寒し」民主党を皮肉る (毎日新聞)

窃盗 ヴィトン、900万円相当盗まれる 大阪で早朝(毎日新聞)

 21日午前5時25分ごろ、大阪市中央区南船場3のオフィスビル1階に入る高級ブランド店「ルイ・ヴィトン大阪心斎橋店」前で、「3人組の男が棒で店のガラスを割っている」と通行人から110番通報があった。大阪府警南署によると、店内からバッグ、時計、ネックレスなど計約35点(約900万円相当)が盗まれており、同署は窃盗事件として、逃げた男らの行方を追っている。

 同署やビルの防犯カメラの映像によると、男らは店の前に現れた後、正面玄関のショーウインドーの強化ガラス(厚さ約2センチ)を割って店内に入った。約3分後、数箱の段ボールを運び出し乗用車に積み込んでいた。警報音で警備員が駆け付けると、店の前から白い乗用車が東方向へ走り去ったという。ガラスは縦約1.5メートル、横約60センチの大きさに割れていた。

 男らはいずれも上下が黒っぽい服装で、うち1人は白いマスクを着用していた。店内はショーケースなどが割られ、商品が盗まれていた。

 現場は大阪・ミナミの一角で、御堂筋と長堀通の交差点の北東角。一帯は同店のほか、オメガ、シャネルなどの高級ブランド店が並んでいる。【茶谷亮、山口朋辰】

【関連ニュース】
窃盗:高級貝タイラギ、大量になくなる 佐賀の海で養殖
奈良・不明住職:万引き容疑で逮捕 福島のスーパーで
万引き:千葉県警の警部逮捕 茨城の店で人形盗んだ疑い
窃盗:給与900万円盗まれる 名古屋の飲食店
指定ごみ袋:転売目的で盗む 町職員逮捕 奈良・田原本町

民主に衝撃「捜査見守る」=小沢氏辞任論も(時事通信)
内部告発のオリンパス社員敗訴=配転命令違法と認めず−東京地裁(時事通信)
阪神大震災 犠牲者追悼で「灯のつどい」 東京で開催(毎日新聞)
鳩山首相、ハイチ復興支援に全力=アジア中南米フォーラム開幕(時事通信)
<心臓手術>大動脈のつなぎ直し手術成功 岩手医大が国内初(毎日新聞)

石川議員逮捕 土地購入原資「小沢氏が相続の金」(毎日新聞)

 石川知裕容疑者が土地購入費4億円の原資について、小沢氏が亡父から相続した金と説明していることが分かった。接見した弁護士が16日、記者団に明らかにした。

【小沢幹事長の対応は】続投表明「地検と断固戦う」

 亡父は小沢佐重喜(さえき)元建設相(68年死去)。弁護士によると、小沢氏は佐重喜氏の相続遺産を小沢氏や妻名義で信託銀行に預け、約10年前、銀行から引き出して小沢氏宅に保管していた。弁護士は「15日、特捜部にこうした説明をし、16日に予定されていた任意聴取で石川議員本人が供述する」と伝えていたという。

 石川議員は16日、東京地裁の拘置質問で容疑を認めたといい、弁護士に「政治家が大きな金を持っていることが分かると良くないと思った。経理処理については小沢氏は知らない」と話しているという。

【関連ニュース】
【鳩山首相の対応は】「潔白信じる」小沢氏の続投了承
【民主党の対応は】石川議員逮捕:報道陣を規制 民主党大会
【石川議員の行動】逮捕前に鈴木宗男氏に涙の電話
【検察の反応】石川議員逮捕:「緊急性あった」…地検特捜部長
【写真で見る】石川議員逮捕 政界に激震

入院基本料の「適正化」、引き下げなら反対−日医(医療介護CBニュース)
【遠い響・近い声】特別記者・千野境子 年賀状に見る意思と雄弁(産経新聞)
<元オウム幹部>新実被告の死刑確定へ 最高裁が上告棄却(毎日新聞)
フグの白子、少しは身近に? =低温飼育で8割をオスに−近畿大(時事通信)
<要介護基準見直し>「非該当」9割認定 厚労省調査(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。