So-net無料ブログ作成

<ウナギ>祖先は深海魚? 川を遡上、海で産卵の謎解明も(毎日新聞)

 淡水で成長するウナギは、深い海に生息していた祖先から進化した可能性が高いことを、東京大海洋研究所などが遺伝子解析で突き止めた。海で生まれたウナギは川に上り、再び海に戻って産卵するユニークな回遊ルートをとるが、二つの異なる環境で生息する謎の解明につながりそうだ。6日付の英科学誌「バイオロジー・レターズ」(電子版)に掲載された。

 ニホンウナギを含むウナギ属は19種ある。いずれも川や湖など淡水で成長した後、数千キロも移動し外洋で産卵する。同大などの最近の調査で、ニホンウナギはグアム島近くのマリアナ諸島付近が産卵場所だと特定された。

 同研究所の西田睦教授(分子海洋生物学)らはウナギがどのように進化し、なぜ川と海を行き来するようになったのかを解明するため、ウナギやその近縁種計56種の遺伝子を解析、全塩基配列を明らかにした。その結果、浅い海に生息し外見はウナギとよく似ているアナゴやハモ、ウツボよりも、ウナギと名がつくもののウナギ属ではないシギウナギ、ノコバウナギなどの深海魚に配列が近かった。

 研究チームは、深海に生息していたウナギの祖先が、深海よりも餌の豊富な熱帯や亜熱帯の淡水域にたどり着き、そこで成長するように進化したと推測。一方で、産卵場所にはすみ慣れた敵の少ない深海を選んだことが、回遊ルートの起源とみている。

 研究チームの東京大の塚本勝巳教授(海洋生物学)は「長年の謎だった回遊行動の出発点が分かった。08年の水産庁調査でも、マリアナ諸島の深海でニホンウナギの親が見つかるなど、さまざまな野外調査の結果とも合致する」と話している。【下桐実雅子】

【関連ニュース】
シーラカンス:稚魚の撮影に成功…世界初 福島の水族館
掘り出しニュース:リュウグウノツカイ:深海の珍魚上がる 黒部の海岸で
挑戦のとき/13 海洋研究開発機構研究員・阿部なつ江さん
地球温暖化:小型貝危機 北極海の酸性化進む
リュウグウノツカイ:深海の珍魚上がる 黒部の海岸で /富山

としゆきのブログ
モンスターファンタジー
ショッピング枠現金化
クレジットカード現金化
自己破産

<化石>最古の四足動物、歩いた跡 ポーランドの地層から(毎日新聞)

 ポーランド南東部のデボン紀中期(約3億9500万年前)の地層から、4本足で歩いた最古の動物が付けたとみられる足跡化石を、ワルシャワ大とスウェーデン・ウプサラ大が発見した。これまでの四足歩行動物の化石の記録は、不完全なものを含めて約3億7700万年前だった。脊椎(せきつい)動物は4本足を得て海から陸へ上がり、現在の多様性を持つようになった。進化の過程を探る発見として注目されそうだ。7日付の英科学誌ネイチャーに発表した。

 研究チームはしっぽを引きずった痕跡がなく、左右に体をくねらせて歩いた様子がうかがえることから、4本足で歩いたと結論づけた。発見した足跡化石は400個以上で、何歩も続けて歩いた跡があった。また、足跡のサイズも長さ数センチ〜数十センチと多様で、歩幅や指の数も異なるため、複数の種類が存在していたとみられる。

 このうち幅約20センチ、長さ約40センチの範囲に9歩の足跡を残した個体は全長40〜50センチと推定。別の化石では、一つの足の幅が最大26センチで、全長2.5メートルに達していた可能性があるとみている。

 魚類は、前後のひれが前脚と後ろ脚になり、両生類に進化して陸へ上がった。今回見つかった化石の動物も、両生類の祖先だったと考えられる。

 化石が見つかった地層の場所は、堆積(たいせき)状況から、当時は浅い海だったとみられる。研究チームは「干潮時に浜辺に残った魚などを得ようとしたことが、陸へ上がるのに必要な四足歩行の進化を促した」と推定している。

 真鍋真・国立科学博物館研究主幹は「魚が陸へ上がるきっかけを考える上で興味深い。この時代に種が多様化していることを考えると、四足歩行の起源はより古い可能性がある」と話す。【永山悦子】

【関連ニュース】
恐竜:原始的な鳥の呼吸器官 新種の化石から発見…米大学
恐竜:毒牙で餌を狩る?…白亜紀前期のシノルニトサウルス
地球温暖化:「化石燃料恐竜」を製作、展示 防止訴える
シーラカンス:稚魚の撮影に成功…世界初 福島の水族館
5歳の幼稚園児が「恐竜検定」3級合格! 将来は「生物学者に」

くにおのブログ
今日の出来事
クレジットカード現金化
出会いランキング
ショッピング枠現金化

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。