So-net無料ブログ作成

1月のPC出荷は4割増の84万台 「ウィンドウズ7」効果(産経新聞)

 電子情報技術産業協会(JEITA)は24日、1月の国内パソコン出荷台数が前年同期比40・3%増の84万6千台だったと発表した。5カ月連続の増加で、米マイクロソフトが昨年10月に発売した基本ソフト(OS)「ウィンドウズ7」の効果が続いた。

 個別製品では、デスクトップ型が28・9%増の25万9千台、ノート型が45・9%増の58万7千台だった。パソコン出荷全体に占めるノート型の割合は69・4%だった。JEITAでは、「個人向けは新製品の投入もあって新OS搭載機の販売が引き続き好調だ。法人向けも教育用パソコンの需要拡大による上積みがあった」と分析している。

 一方、出荷金額は19・7%増の783億円。デスクトップ型が12・8%増の261億円で、ノート型が23・5%増の522億円だった。

【関連記事】
体験!ウィンドウズ7 ライブラリーは評価二分
打倒iPhone 自慢のOSに託す MS、グーグル“宣戦”
スマートフォン向け新OS「セブン」を発表 米MS
パソコン国内市場 今年予測 「7」効果 出荷数4.2%増
パイオニア、電子黒板の新製品発売へ ウィンドウズ7に対応

<アパート火災>押し入れ付近からライター 東京で2児死亡(毎日新聞)
報酬詐取容疑で弁護士逮捕=国選受任、接見回数水増し−岡山県警(時事通信)
スイッチOTC市場、2.3%増の1571億円(医療介護CBニュース)
中宮寺跡 心柱立てる施設跡を確認 奈良・斑鳩町教委(毎日新聞)
<女性死亡>息子2人も刺され負傷 倉敷・全焼民家で(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。