So-net無料ブログ作成

比例統一名簿に意欲=参院選、「第三極」新党で−舛添氏(時事通信)

 新党改革の舛添要一代表は2日、NHKの番組で、新党同士の参院選の選挙協力について「比例代表は(各党が)ばらばらに立てると死に票が多くなる。複数の新党が統一の比例名簿を作ることが可能で、(実現すれば)相当の力になる」と述べ、統一名簿の作成に意欲を示した。一方で「まだ、どの政党の党首にも話をしていない」とも述べた。
 統一名簿とは比例代表で複数の政党が一つの政治団体を結成し、候補者をその団体の名簿に登録して戦う選挙協力の形で、票の分散を防ぐことができる。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察審、小沢氏「起訴相当」を議決〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜

鳩山首相、沖縄県内移設の意向 県民に陳謝 普天間問題(産経新聞)
10月に気候変動閣僚会合=小沢環境相、名古屋開催を提唱(時事通信)
新型の傾向に変化なし―厚労省が疫学情報を更新(医療介護CBニュース)
小沢氏起訴相当 首相「参院選に影響ある」(産経新聞)
<ミズバショウ>「純白」競う…岐阜・郡上(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。